IT用語辞典 - 約3500ワードを収録したIT用語のオンライン辞典!

フィデリ > IT用語辞典TOP > ワンセグ


ワンセグ

【読み方】ワンセグ   【英文字】one segment broadcasting

2006年4月1日より開始された移動体通信機器(携帯電話など)向けの地上デジタル放送のこと。

もともとは「1セグメント放送」と言われていたが、2005年9月に地上デジタル放送推進協会によって正式に「ワンセグ」と命名された。

地上デジタル放送方式は、6MHzの放送波を「13のセグメント」に分割し1つのチャンネルが構成されている。この複数のセグメントを束ねて映像/データ/音声などが送信されている。

「13のセグメント」のうち1つは移動体通信機器向けの放送に確保されており、これを使って放送を行なうことを「ワンセグ」と言う。

2004年12月、ARIB(電波産業会)によって「1セグメント放送」の骨子を策定する段階では、著作権保護の観点から映像スクランブル化の是非が議論されたものの最終的に見送られ、CCI(copy control information)による制御が採用された。

映像の符号化方式にはH.264/MPEG-4 AVCを用い、音声の符号化にはAAC LCが用いられている。

送出される映像が低解像度のQVGA(320×240ピクセル)サイズといった制限あるものの、電子メールやスケジュール管理、GPSによる位置情報など携帯端末の特性を活かした機能との融合が期待されている。

また、2006年9月にはゲンテック・テクノロジー・ジャパン社から携帯端末用の外付けチューナーがの提供が発表され、SDカード(メモリーカードの1種)の差込口がある「ゲーム機」「デジタルビデオカメラ」「携帯DVDプレイヤー」などでの視聴が可能となったことも、ワンセグ普及の後押し材料である。

関連用語


▲このページのトップへ戻る


▲このページのトップへ戻る