IT用語辞典 - 約3500ワードを収録したIT用語のオンライン辞典!

フィデリ > IT用語辞典TOP > RSS


RSS

【読み方】アールエスエス   【英文字】RSS

【同義語】 RSSフィード、RSSリーダー、Atom

XMLを利用して、Webサイトの見出しや注釈などのメタデータを記述する仕組みのことで、主にブログWebサイトの更新情報の配信や、音声データの公開としてのポッドキャスティングに利用されている。

配信する側のRSSフィードと受信する側のRSSリーダーに分けられる。

1999年の米ネットスケープコミュニケーション社が、自社のポータルサイトの詳細を記すために開発したのが始まりで、その時にRDF構文を用いたことから「RDF Site Summry」、略してRSSと呼ばれるようになった。一口にRSSといっても複数の規格が存在しており、現在、国内においてはRSS1.0が最も普及している。

?RSS規格?

(1)RSS0.9 (RDF Site Summry)

米ネットスケープコミュニケーション社が、自社のポータルサイトの詳細を記すために開発したもので、RSSの元祖となる。

(2)RSS0.91 (Rich Site Summry)

RSS0.9を開発した米ネットスケープコミュニケーション社が拡張版として提供したもので、RDF構文ではなくXML構文を用い、RSSフォーマット内により多くの情報を持たせることを可能とした。この規格が、その後のRSS2.0へと継承されていく。

(3)RSS1.0 (RDF Site Summry)

RSS0.91では拡張性に特徴があったものの、製作者が独自の要素をどんどんRSSに追加していくというフォーマット統一の観点で多くの混乱を招いた。

これらを是正する動きとして、RSS内でよく使われる「コア語句」、独自に拡張が出来る「モジュール語句」が定義され2000年12月リリース。RSS0.9時代のRDFが再び採用されている。

(4)RSS2.0 (Raelly Simple Syndication)

RSS1.0の後継バーションとして誤解されることが多いが、正しくは0.91の流れを汲むバージョン。

0.91の技術を継承しながら、0.91時の混乱を解消するために「語句の拡張オプション」機能が搭載され2002年8月にリリース。

関連用語


▲このページのトップへ戻る


▲このページのトップへ戻る